PayPay(ペイペイ)を店舗へ導入

スマホ決済を導入検討されている店舗様へ | PayPay株式会社

実際に使ってみて感じたPayPay(ペイペイ)の今後の課題の記事では、クレジットカード利用の際、PayPayには上限金額が設定されておりPayPay経由でクレジットカードでの高額支払いには向いていない点を書いています📄
クレジットカードご利用時の上限金額について

カード決済を中心にアプリ決済を利用している私個人からすれば、この上限金額制限のためPayPayを今後利用するメリットに疑問符はあったけれど、支払い時にPayPay残高にするかクレジットカード決済を利用するのか簡単に選べるので、少額の買い物に一番向いているのはPayPay(ペイペイ)かなとも感じ始めています🧐

また、最近私の生活圏にある色々な業種の個人商店(雑貨店や立ち飲み屋、ファストフード店や陶器屋など様々)でもPayPayを導入した店舗が増えてきており徐々に浸透している感じはしてます👏

とりあえず登録のみでも経費は一切発生しない

ユーザーが読み取る支払いのみを対象とし、決済手数料2021年9月30日まで無料👏
売上入金手数料については、ジャパンネット銀行の場合は永年その他銀行の場合は2020年6月30日まで無料となっています😍
累計決済金額が1万円以上の場合だと、入金サイクルも最短翌日と早いです

そのため、少しでも興味を持たれている店舗様であれば、とりあえず登録だけしておいても負担にはならないと思います😙

キャンペーンで集客効果を期待できる

3月20日のYahoo!ニュースの記事「ポイント還元100社超が参加 クレジットカードなど決済事業者」でもPayPay(ペイペイ)の参加方針決定の内容が書かれており📄、今後打ち出されるキャンペーンや、それによる集客効果を期待出来ます👀

Alipay(アリペイ)決済の導入も可能

訪日中国人観光客向けのQRコード決済(アプリ決済)アリペイこと「Alipay(支付宝)」も一緒に導入することが出来るのも魅力💪

また、PayPayと同じQRコードで対応出来るので場所も取りません😊

Alipay(アリペイ)決済の導入も可能
Alipayの決済手数料0%は2020年9月30日まで。2020年10月以降は有償化する場合があります。
Alipayのご利用には、Alipayの審査が必要です。

PayPayでカード決済もまかなう

PayPayではクレジットカード支払いに対し上限金額が設定されているものの、もし手数料などの関係で、カード決済の導入が出来ていない店舗様でも、PayPayの導入により今なら決済手数料無料で、クレジットカード支払いにも対応する事が可能になります🕺
(対応ブランドは現在VISAマスターカードYahoo!JAPANカードのみです)

PayPayでカード決済

決済用の資材やステッカー一式も届くので安心

キャンペーン中などは資材到着までに登録後に2週間以上の期間がかかる場合もありますが、すぐに決済が出来るQRコードや「ペイペイ使えますステッカーなど、利用者向けの資材一式が届くので、通常は特に何か準備する必要がなく安心です🔰
(管理画面へアクセスする用の端末が必要になります)

ペイペイ決済用の資材やステッカー一式


[PayPay(ペイペイ)を店舗に導入する]


[楽天ペイ、LINE Pay、AlipayとWeChat Payの店舗導入について]

楽天ペイのアプリ決済のみを店舗に導入

店舗に「LINE Pay」を導入して「メルペイ」も使えるように

訪日中国人向けアプリ決済にAlipayとWeChat Payを導入

QRコード決済(アプリ決済)を店舗へ一括導入出来るサービス比較


[Alipay(支付宝)とWeChat Pay(微信支付)、LINE Payにも対応出来るAirペイ]

[Squareでかんたん!クレジットカード決済導入]