すぐに誰でも簡単に出来るデイトレ方法(下落中)

直近の陽線だけを見てデイトレする
(Photo by Markus Spiske on Unsplash)

私自身株取引歴は5年程度で、現在もいかに利益を出せるかの有効な取引方法についての試行錯誤が続いている状態です。

また、私個人の株取引方法はデイトレ長期保有のどちらも行っており特にこだわりを持って購入している銘柄はありません

そこで最近デイトレを行う上で試している方法があり、紹介してみようと思います。
(必ず株取引は自己責任でお願いします!)

スポンサーリンク

下落中の直近の陽線2本を見付ける

これはとっても簡単なデイトレ方法で、銘柄を特に選ばず、数日前のチャートを見て株の売買を行います。

また、上昇トレンド中、下落トレンド中のどちらも関係なく行う、ほんとうにその日の株取引向けのデイトレ方法になります。

例えば上の3つの画像のように、直近の陽線2本同市を線で結ぶと、その2本目の陽線の翌日や翌々日に、引いた線の上を超えてくる部分が見れます。

つまりこの方法は、その超えた瞬間に株を買うという方法になり、線を越えてこない間はその株は買わないという方法です。

このデイトレ方法のメリット

この方法の大きなメリットは、なんと言っても銘柄を選んだり、トレンドを考えずに、その日すぐに参入が出来る点です。

このデイトレ方法のデメリット

先の画像の中には、翌日陰線を付けていたり、上ヒゲを付けた陽線になっていたりと、線を超えた後に線の下へ行ってしまう場合や、上がりきらずに買値まで戻る可能性も多く秘めています。

そのため、得られる利益も限られたものになる可能性も高く、損切りのタイミングを早く見つける必要性が出てきます。


[PR | おすすめサイト]


その余っているTポイントで投資してみませんか?【SBIネオモバイル証券】



FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMM FX



仮想通貨のカード型ハードウェアウォレット【Sugi】