今後の「LINE Pay」の訪日外国人向けサービス拡大に期待

今後の「LINE Pay」の訪日外国人向けサービス拡大に期待

LINE Pay(ラインペイ)」は「LINE」のローカリゼーション戦略の下、各国で独立したサービスとして運営していましたが、2019年以降は、さらなる増加が見込める訪日客へのスムーズな決済サービスの提供により、日本国内のユーザーだけでなく、訪日外国人観光客(インバウンド)需要の確実な加盟店への取り込みのため、『LINE Pay Global Alliance』構想を2018年11月27日に発表してからまだ久しいです。

【LINE Pay】No.1インバウンド対応決済サービスを目指し LINE Pay Global Allianceを発表

そこで、今後のLINE Payの訪日外国人観光客向けサービス拡大に期待して、すぐに対応出来るよう、今から早めにLINE Payを事前導入しておく事をおすすめします!

スポンサーリンク

「WeChatPay」と「Naver Pay」も予定通り提携完了

LINE Pay Global Alliance構想の中で、「LINE Pay」の利用により中国の「WeChatPay」と韓国の「Naver Pay」のサービス提供も、2019年内予定としており、WeChatPayは予定よりもサービス開始が遅れたものの、いずれも実際に今年の2019年内のサービス提供に間に合った形です。

中国(中華人民共和国) 中国の「WeChatPay」サービス提供についての記事
LINE PayがWeChat Pay(ウィーチャットペイ、微信支付)決済にも対応!
2019年8月15日に対象となる全ての加盟店で利用可能となりました

韓国(大韓民国) 韓国の「Naver Pay」サービス提供についての記事
「LINE Pay」が「Naver Pay」に対応で訪日韓国人を誘致!

世界中の「LINE Pay」利用者数について

モバイル送金・決済サービス「LINE Pay」は、「LINE」の主要4カ国地域日本台湾タイインドネシア合わせて1億6,500万人*1)の月間アクティブユーザーを誇るアジア最大規模のコミュニケーションプラットフォーム上4,000万人*2)の登録ユーザーを保有しています。
(*1) 2018年9月時点
(*2) 2017年11月時点

ただ、「LINE Pay」という決済サービス上の名前は同じであるものの、残念ながら現在の各国の決済サービスの仕組みに互換性が無いため、例えばタイの訪日客が日本のLINE Payで決済は行えません

ですが、今回の『LINE Pay Global Alliance構想の中で、「LINE Pay」は以下のように発表しており、今からラインペイを店舗に導入しておけば、「WeChatPay」と「Naver Pay」のサービス提供の時と同様に、加盟店側が何もする必要もなくスムーズに対応出来るようになるため、早めに導入しておけば安心です!

日本以外の台湾、タイ、インドネシアの「LINE Pay」ネットワークとも連携し、それぞれのサービスのユーザーが、日本でも普段の生活で「LINE Pay」をお使いいただくのと変わりなく、支払いできるようにしてまいります。国内加盟店にとっては、全世界の「LINE」、「LINE Pay」ユーザーが見込み客となります。特に、台湾の訪日観光客数は中国、韓国に続く多さとなっており、「LINE Pay」は台湾においてNo.1モバイルペイメントとなっているため多くのユーザーにご利用いただいています。

「LINE Pay」は、インバウンド対応を強化することで、日本国内のモバイル決済をアクティブ化してまいります。


LINEのプレスリリース/Press Releases
(LINEが運営する全てのサービスの新着情報などの確認ができます)

LINE Pay(ラインペイ)

インバウンド(訪日外国人観光客)」誘致向けの記事

消費増税前に「免税店」になって「インバウンド」誘致!


[PayPay、楽天ペイ(au PAY)、AlipayとWeChat Payの店舗導入について]

PayPay(ペイペイ)を店舗へ導入

「楽天ペイ」導入店舗で「au Pay」アプリ決済も利用可能に

訪日中国人向けアプリ決済にAlipayとWeChat Payを導入

QRコード決済(アプリ決済)を店舗へ一括導入出来るサービス比較


[Alipay(支付宝)とWeChat Pay(微信支付)、LINE Payにも対応出来るAirペイ]

[Squareでかんたん!クレジットカード決済導入]