新型コロナ感染「濃厚接触の定義」から考える「マスク装着の重要性」

新型コロナ感染「濃厚接触の定義」から考える「マスク装着の重要性」

先日、私の職場近くの公共施設で、1人の新型コロナ感染が判明したとありました。

その際、そこで働いていた方から知る事が出来た、新型コロナ(新型コロナウイルス)感染症対策「濃厚接触(濃厚接触者)の定義」から考える「マスクを身に付ける事の重要性」について書いてみたいと思います。

■ 新型コロナウイルスに関するその他の記事
新型コロナ感染者が多く発生している場所の共通点
新型コロナに感染しないための予防方法について
喫煙は肺炎のリスクを高める

[ スポンサーリンク ]

「濃厚接触(濃厚接触者)の定義」について

この定義は、今後も変わっていく可能性が大いにあるのですが、現段階で知る事が出来た「濃厚接触(濃厚接触者)の定義」について、「15分以上」、「マスクを着用しない」状態で「近い距離(1~2m以内)で接触」した者同士を「濃厚接触者」とする、といった感じの内容でした。

そのため、その施設ではこの定義に基づいた結果、「その1人の感染者との濃厚接触者」は「いない(0人)」となり、2日施設内の消毒後通常通り業務も再開していました。

つまり、全ての該当者(少しでも濃厚接触した可能性のある者)が、そのコロナ感染者含め全員がマスクを着用していたため、例え近い距離にいた者であっても、「濃厚接触者」としては「除外」された事になります。

新しい生活様式で「インフルエンザ感染者」も激減!

新型コロナ感染症対策を目的として推奨されてきた「マスク着用」始め、「手洗い(消毒)」や「うがい」を頻繁に行うという「新しい生活様式」により、例年では9月以降増加してくる「インフルエンザ感染者」が実際に激減しており、さらに小児が多く感染する「手足口病」などといった「その他の感染症」ですら「減った」といった情報もあり、改めて、接触感染を予防するため「清潔性を保つ」事と、飛沫感染を抑えるための「マスク着用」の重要性を考えさせられました。

「IFMC.(イフミック)製品」がお勧め!

[ スポンサーリンク ]

装着する事で「バランス感覚の向上」「リカバリー向上」「パフォーマンスの向上」を可能にするという効果を期待され、アスリートの間でも人気の「IFMC.(イフミック)製品」。

洗えるマスクシリーズも多く販売されていてお勧めです!


楽天市場で「IFMC.(イフミック)製品」を探す
楽天市場で「IFMC.(イフミック)製品」を探す

子供向け「IFMC.(イフミック)マスク」も!

キャンディチュウとエイジアンズの「夏用接触冷感」洗える「IFMC.マスク」入荷! | 有限会社プチバンビーナ
キャンディチュウ(Candychuu)とエイジアンズ(ASIANZ HEAD2)の大人気の洗える「IFMC.(イフミック)マスク」に「夏用接触冷感」タイプも入荷してきました! ■ その他「洗えるマスク」に関する記事 実店

[PR | おすすめサイト]


健康管理
[ スポンサーリンク ]
この記事をシェアする!
SECOND-BIZ.WORKのおすすめ情報Blog