ボートの購入なら仲間でシェアリング

ボートの購入なら仲間でシェアリング

プレジャーボート(海上レジャー用の船舶)を購入する場合小型なジェットスキー(水上バイク)でも、新車(新艇)なら90万円以上と、かなり高額な買い物になります。

そこでもし、一人で買うのではなく、友人など仲間で買ってみんなでシェアし合えばとてもお得になります!

スポンサーリンク

個人じゃ買えない大きな船も夢じゃない!

通常、個人一人ではぜったい買いないボート、例えば3000万円以上するような大型クルーザーなどでも、もし10人資金を出せる友人や仲間が集まれば一人300万円で大型クルーザーに乗れる権利を得る事が出来るようになるので、とてもお得な買い物になります。

プレジャーボートは利用頻度が低い

ジェットスキー含め、プレジャーボートなどの船舶は一般的に利用頻度がとても低いです。

なので年間でも乗る期間は限られてくるのが普通なため、大人数で買ってシェアするほうが経済的でとても効率的です。

保管料やメンテナンス料金も低くなる

ボートを保管する場合、通常保管料が発生してきますが、これも数10万以上と高額で、定期メンテナンスも必要になってきます。

この料金部分もみんなで支払えば一人が負担するコストも低く抑えられるようになります。

初心者にはヤマハのレンタル・シェアリングサービスがおすすめ

ボートを所有せず、一定時間新型の船を借りたりシェア出来るサービスを提供しているヤマハの「マリンクラブ・シースタイル」というものがあります。

これは、入会金が20,000円(税抜)で、月々3,000円(税抜)の月会費からはじめられるレンタルボートサービスで、遊びのスタイルに合わせてボートや水上オートバイ(水上バイク)を選び全国約140箇所のホームマリーナで海遊びを思い切り楽しめます

もちろん、ボートの維持費・係留費は一切不要で、万全なメンテナンスで、いつでも安全・快適にボートの利用が出来ます。

また、クラブ艇(レンタルボート)のラインナップも、「クルージング向き」「フィッシング向き」「トーイング向き」「スポーツボート」「マリンジェット」と色々用意されているので、マリンプレイのスタイルに合わせて選べるのも魅力です。

ヤマハマリンクラブ・シースタイル
ヤマハマリンクラブ・シースタイルについて


[今注目度N0.1の個人間カーシェアサービス【Anyca(エニカ)】のアプリ]


まずは個人間カーシェアアプリ「Anyca(エニカ)」をインストール