「スマレジ」アプリで会計済みの取引内容を編集する方法

「スマレジ」アプリで会計済みの取引内容を編集する方法

スマレジ」のPC版(パソコン版)管理ページでは、過去の取引内容の詳細な編集が行えますが、アプリ版の初期状態では、過去の取引内容を詳細に編集する事は出来ないように設定されています。

そこで「スマレジアプリで、後になって商品や支払い方法内容を変更したいなど、一旦会計済みとなった取引内容(レジ打ち内容)を編集する方法についてご紹介したいと思います。

[ スポンサーリンク ]

PC版の管理画面から「基本設定」を行う

PC版の管理画面から「基本設定」を行う

まず初めに、PC版(パソコン版)管理画面へアクセスし、「設定 > 基本設定 > 基本設定」のにある「レジ端末の設定 > 取引編集機能を利用する」を「利用する」に設定し、画面下部の「更新」をクリックします。

PC版の管理画面から「基本設定」を行う

「レジ端末」の設定を行う

「レジ端末」の設定を行う

次に、「店舗 > 店舗一覧」のから「取引編集機能を適用する店舗名」をクリックし、「端末の設定」をクリックし、「取引編集機能を利用するレジ端末名」をクリックします。

そして、「取引編集機能を利用する」を「利用する」に設定し、画面下部の「更新」をクリックします。

「レジ端末」の設定を行う

「データ同期」後にアプリの「取引履歴設定」を行う

[ スポンサーリンク ]

アプリ内の「データ同期」

設定後は必ずアプリ内の「データ同期(店舗をタップ)」を行った後アプリの「設定 > 取引履歴設定」のにある「編集項目を「ON」にします。

アプリの「取引履歴設定」を行う

「取引内容」に「編集」項目が表示されます

「取引内容」に「編集」項目が表示されます

アプリ内の各「取引内容」に「編集項目が表示され、タップすると通常のレジ打ち画面に変わり詳細な編集が行えるようになります

スマレジなら簡単に「免税電子化」にも対応出来ます!

「スマレジ」と「Airペイ」で、たくさんのキャッシュレスと免税電子化にも簡単対応!
業績も好調で、株の投資先としても期待が持てる「スマレジ」と「Airペイ(AirPAY)」の組み合わせなら、クレジットカードや電子マネー、QRコード決済含めたたくさんのキャッシュレス決済の一括導入と、免税電子化にも対応した免税店にもなれま...

「Airペイ」なら「外国人・日本国内向けQRコード決済を一括導入」出来ます!

「Airペイ」ならインバウンド向けキャッシュレス決済も一括導入!
「Airペイ」ならインバウンド向けキャッシュレス決済も一括導入!

■ Airペイ新規加盟店登録に関する参考記事
Airペイの導入方法(申込み方法)


その他
[ スポンサーリンク ]
この記事をシェアする!
[ スポンサーリンク ]
SECOND-BIZ.WORKのおすすめ情報Blog