コアサーバーにバリュードメインで取得したドメインを設定(その1)


コアサーバーにドメインを設定する方法についての前に、コアサーバーを選んだ理由について紹介したいと思います🤓

スポンサーリンク

先ず、個人ブログ開設用のサーバーの条件を以下のように考えていました📄

・費用が安くても安定していて容量もある
・独自ドメインが利用出来る
・簡単に無料でSSLのサイトに出来る
・WordPress(ワードプレス)のインストールが簡単

■ 費用が安くても安定していて容量もある

CORESERVER.JP(コアサーバー)一番安いプランCORE-MINI」は12ヶ月契約の場合で「¥198/月 | ¥2,381/年」で容量も「60GB」と充分。更に転送量も無制限となっています。
また、コアサーバーには30日間の無料トライアルがありサイト速度なども試したところ全くストレスなく利用出来ました😁

■ 独自ドメインが利用出来る

コアサーバーの特徴は独自ドメインの利用はもちろん、他社購入のドメインも利用出来ます😙

■ 簡単に無料でSSLのサイトに出来る

SSLサイトは個人ブログであっても、今後必須条件と考えていましたが、やはりコストは抑えたいところ。
コアサーバーでは無料でも安定していて、世界で利用されているLet’s Encrypt」を簡単に導入出来ます
また、自動更新にも対応しているため、SSL証明書の更新作業の煩わしさからも解放されます。
対象ドメイン名が64文字を超える場合、無料SSLはご利用不可です

更にコアサーバーは他社購入のSSLの導入も可能となっており自由度がかなり高いです👏

■ WordPress(ワードプレス)のインストールが簡単

無料のブログ作成では当たり前?的なWordPressを簡単に導入したかったけど、意外にインストールが難しそうな感を抱いていました
コアサーバーでのWordPress(ワードプレス)のインストール方法はとても簡単ではないけど、少しネットなどで調べると簡単といった感じです
独自ドメインを他社で管理している場合、以下の設定が完了している必要があります
「ドメイン設定」「サイト設定」「無料ネームサーバーの登録」「ネームサーバーの設定」


■ コアサーバーにドメインを設定する方法(その1)

さて本題のコアサーバーにドメインを設定する方法に移りたいと思います。
今回バリュードメインで取得したドメインの設定と無料SSL設定方法のみ記載しています

初めにバリュードメイン内でDNS設定を行う必要があります

1. まず前準備を行います

バリュードメイン内でDNS設定
バリュードメイン内でDNS設定


2. 次にドメインの設定操作に移ります

バリュードメイン内でDNS設定
バリュードメイン内でDNS設定
バリュードメイン内でDNS設定

次回コアサーバーにバリュードメインで取得したドメインを設定(その2)に続きます


[レンタルサーバー関連サイト]

CORESERVER.JP(コアサーバー)お試し登録(30日間)

月額167円からの高機能レンタルサーバー

・容量10GB、月額129円、高性能なサーバが日本最大級のバックボーンに直結。
さくらのレンタルサーバ

月額126円(税抜)から!WordPressも使えるクラウド型高速レンタルサーバー、スターサーバー

月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

WordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』

KDDIグループのビジネス向けレンタルサーバー【CPI】