私が禁煙に成功した方法

私が禁煙に成功した方法
(Photo by Lex Guerra on Unsplash)

ズルズルと長くタバコを止める事が出来なかった私ですが、健康面について改めて考え直す時期があり、一昨年(おととし)、思い切って禁煙する事にしました

そこで、簡単に禁煙が出来る方法は無いかと探していたところ見付けた今からすぐにでも出来る私が禁煙に成功した方法についてご紹介です。

[ スポンサーリンク ]

禁煙を決意したら「1本でも吸うのを止める」

今まで何度も禁煙に挑戦した際は、「タバコの吸う本数を減らしていく」という事をやっていましたが、ある時「1本でも10本でも吸っている事に変わりが無い」という事に気が付きました。

そして思いついたのが、「脳の意識」のにある「喫煙の習慣そのものを消してしまうという事でした。

喫煙がいかに怖いかを脳に意識させる

脳の意識から喫煙習慣を消し去るため、私が取った行動は、喫煙(タバコを吸う事)がいかに体に悪影響を及ぼし、怖い存在であるかという事を深く脳に意識させる事でした。

タバコの危険物質には「金属」も含まれている

喫煙が怖い存在であるという事を深く脳に意識させるため、タバコに含まれる成分について調べてみたのですが、タバコの煙には、4,000種類もの化学物質が含まれており、その中には200種類以上の有害物質が含まれ、さらに発がん性物質は50種類以上もあるとの事でした。

そして、その化学物質の中に含まれていたある成分を知った事が、今すぐに禁煙(タバコを止める)しようという決意に繋がりました

その成分は「鉛(金属)」でした。

また、あえて「かっこ()」で閉じられた金属」という表記が、私のタバコに対する絶対的恐怖に直結しました。

[ スポンサーリンク ]

吸いたくなったら「エアーたばこ」

脳裏に恐怖感を記憶させても、長年止める事が出来なかったタバコ(たばこ)」です。やはり、ふとした時に「タバコを吸いたい衝動が生まれた」のも事実です。

そうした時私が取った行動は、タバコを吸って煙を吐くという動作のマネを何度か繰り返す「エアーたばこ」でした。

私の場合、タバコを吸いたい欲求よりも、喫煙に対する恐怖感のほうがすでに勝っていたため、少しのエアーたばこだけで満足する事が出来ました

1週間もすれば「脳の中から喫煙習慣が消えた」

エアーたばこだけで1週間も過ごした時、おもしろいほど「脳の中から喫煙習慣が消えた」事に気が付き、例え友人が自分の近くでタバコを吸っていたとしても、全くタバコを吸いたいと思わなくなりました

生活の中から「喫煙習慣を消す」事が重要

最終的に私が禁煙に成功したのは、「毎日の生活」の中から「タバコを吸う習慣」そのものを「脳裏から消す事が出来た」からだと思っており、内容はなんであれ「生活の中から喫煙習慣を消す」事がとても重要と感じています。


[PR | おすすめサイト]


着たまま簡単に筋トレとダイエットをサポート【シックスチェンジ】


健康管理
[ スポンサーリンク ]
この記事をシェアする!
SECOND-BIZ.WORKのおすすめ情報Blog