「Sit」と「Sh○t」の発音を間違えない簡単な方法

「Sit」と「Sh○t」の発音を間違えない簡単な方法
(Photo by Ben White on Unsplash)

あえて日本語での表現は控えて書いていますが、日本人が間違え易い英語の発音方法の中で、とても話題になるのが「Sit」と「Sh○t」の発音についてではないでしょうか!

そこで今回は、現在も通っている英会話教室AEONの外国人講師から教えてもらった、「Sit」と「Sh○t」の発音を、ぜったいに間違えずに済む簡単な方法についてご紹介したいと思います。

■ 最近のAEONに関する記事
AEON(イーオン)の「グループレッスン」の授業内容が大きく変わりました!

[ スポンサーリンク ]

「Sit」と「Sh○t」の発音方法が話題になる理由

話題となる大きな理由として、「Sit」と言いたかったのに、実は「Sh○t」という表現で相手に伝わっていた場合とても失礼な事を言ってしまった結果となるため、この2つの単語の発音方法については、とても注意が必要とされる事が挙げられます。

そのため、日本人の中には、出来れば「Sit down」など含め、「Sit」という単語を、あえて使わないで済むようにする人も多いかもしれません。

重要なのは「S」と「Sh」の部分の発音方法

そこで、「Sit」と「Sh○t」の発音を、ぜったいに間違えずに済むためにも重要となってくるのが、最初の「S」と「Sh」の部分の発音方法(発音の仕方)です。

●「S」は「」と発音

●「Sh」は「シュ」と発音

上にあるように、そもそもの発音方法が全く異なっているため、この事をしっかりと意識して発音すれば、ぜったいに間違える事が無くなります

「S」と「Sh」の後ろは、そのまま続けて発音するだけ!

正しい発音方法を意識し、早速「Sit」を発声してみる場合、「S」の後ろにある「it」については、そのまま続けて発音するだけになるため、「スィートゥ」のような感じになります。

また、「Sh」から始まる単語として他には「She」や「Ship」などもありますが、こちらも「Sh」の後ろは、そのまま続けて発音するだけになるため、「シュイー」と「シュイップ」といった感じです!


[実践向け英語レッスン関連サイト]

自宅でマンツーマン英会話!子ども英会話の【GLOBAL CROWN】
自宅でマンツーマン英会話!子ども英会話の【GLOBAL CROWN】
家族で分けあえるオンライン英会話【クラウティ】
家族で分けあえるオンライン英会話【クラウティ】
オンライン・インターナショナルスクールGlobal Step Academy
オンライン・インターナショナルスクールGlobal Step Academy
今度こそ本当に身につく英語力を3ヶ月で【産経オンライン英会話】
3ヶ月で英語力を身につける【3ヶ月集中プログラム】産経オンライン英会話
ワンクリックで世界中のネイティブ講師と繋がれる!【オンライン英会話のCambly(キャンブリー)】
ワンクリックで世界中のネイティブ講師と繋がれる【オンライン英会話のCambly(キャンブリー)】


[74言語に対応の夢のAI通訳機 POCKETALK(ポケトーク)]

夢のAI通訳機 POCKETALK(ポケトーク)