メルセデスベンツ初の電気自動車はオンラインストアでのみ販売受付!

メルセデスベンツ初の電気自動車は通信販売でのみ受付!

昨日4日に放送されたWBS(ワールドビジネスサテライト)を見ていて驚きました📡。

メルセデスベンツが初めて電気自動車(SUV車)の販売をする」のですが、価格は1,000万円を超える高級車で、なんとその新型車の購入方法はオンライン上から行うWeb商談予約での先行予約販売のみの受付との事。

放送中メルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長は「自動車の通信販売もあって良いじゃないか?」といった感じで始めたとのことでしたが、さすがは「メルセデスベンツ」と思いました🕺

そんな「メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)」の事と、新型SUV車EQC』についてご紹介します。

スポンサーリンク

自動車を初めて作ったのはメルセデスベンツ

皆さん、自動車という乗り物を初めて作ったのは「メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)」というのはご存じでしょうか?

創始者はカール・ベンツこと「カール・フリードリヒ・ベンツ(Karl Friedrich Benz)」で、彼はドイツのエンジンデザイナーであり、自動車エンジニアでもありました。

当時の交通手段は主に馬車での移動で、「自動車を使えば長距離をこれだけ短時間で移動出来る」という事を、妻のベルタ・ベンツと共にデータを取り、そのすごさを世に広めたのが始まりです。

有名な同時代のドイツ人、ゴットリープ・ダイムラーとヴィルヘルム・マイバッハも同様の発明をしていたみたいですが、1886年、彼のほうが先に最初の実用的な自動車の特許を取得しており、事実上メルセデスベンツが初の自動車メーカーとなります。

先行販売の55台限定の名前は「EQC Edition 1886」

先行販売されるのは、販売台数55台限定の「EQC Edition 1886」で、メルセデスベンツの誕生年が入っていて、ベンツという会社の新しい時代の幕開けを強く感じます。

7月18日(木)午前11時から先着順でWeb商談予約を開始

「EQC Edition 1886」は2019年10月以降「メルセデス・ベンツ オンラインストア」にて購入/契約が可能となり、10月以降の購入手続き開始にさきがけて、7月18日(木)午前11時から先着順で「Web商談予約」の受付を開始。

Web商談予約を行う事で「購入手続き」の準備が整い次第、Web商談予約を行っている人から優先的に、購入/契約に進む事が可能になります。

電気自動車(SUV車)の新型車『EQC』の仕様について

ベンツの電気自動車(SUV車)の新型車『EQC』

バッテリー容量:
80kWh
航続可能距離:
400km(欧州仕様参考値)
最高出力/最大トルク:
408PS/765N・m(欧州仕様参考値)
駆動方式:
四輪駆動「4MATIC」

またメーカー希望小売価格については、消費税10%込みで、「EQC400 4MATIC」(右ハンドル)が1080万円、導入記念の特別仕様「EQC Edition 1886」(右ハンドル)が1200万円となっています。

充電(チャージ)方法

EQCは「普通充電」と「急速充電(CHAdeMO)」の2つの方法で充電することができます。

「普通充電」の場合、例えば充電ウォールユニット(6kWタイプ)なら、満充電にかかる時間は約13時間。夕方に充電を開始すれば翌朝には満充電のEQCで出かけることができます。

高速道路のサービスエリアや商業施設などに設置された急速充電器の場合、さらに短時間での充電が可能です。自宅でも、外出先でも。EQCは状況やライフスタイルに応じた自由な充電を実現します。

気になるオンライン上で可能な支払い方法について

クレジットカード一括決済
1千万超えの代金を一括で払えるクレジットカードを持っている方もすごいですが、これは驚きです!
¥12,000,000(税込)・・・販売価格に諸費用を含めた全額をクレジットカードで一括決済

ウェルカムプラン(残価設定型ローン):支払い年数4年または5年
¥162,700*1・・・5年プランのお支払い例
「ローン元金の一部を最終回のお支払いまで据え置き、毎月のお支払いを軽減するファイナンスプラン」

クローズエンドリース:お支払い年数4年または5年
¥155,100*1・・・5年プランのお支払い例
「リース期間中は自動車税のお支払も含めてご利用いただけます。契約満了時に残価も保証されます。*2」

*1: 本車両は 2019年10月1日以降に配車・登録開始予定のため、2019年7月4日現在の月額です。
*2: 残価保証条件を満たした車両の場合

メルセデスベンツ初の電気自動車『EQC』
メルセデスベンツ初の電気自動車『EQC』の詳細を確認する


[今注目度N0.1の個人間カーシェアサービス【Anyca(エニカ)】のアプリ]


まずは個人間カーシェアアプリ「Anyca(エニカ)」をインストール


[検品保障NO1【液晶王国】カー用品専門店]


ドライブレコーダー搭載 デジタルインテリジェントミラー