肩こりや首のこりの解消には水泳がおすすめ

肩こりや首のこりの解消には水泳がおすすめ
(Photo by Gentrit Sylejmani on Unsplash)

血圧を下げるのに効果的な睡眠や入浴、有酸素運動などでは、血圧を下げるためや、定期的な運動をする事による健康管理の一環として、水泳に通っている事を書いていますが、実は水泳を始めたもう一つの理由に「ひどい肩こりや首のこりを解消するため」という点もあります。

スポンサーリンク

私の「肩こりや首のこり」の「原因と症状」

私は仕事柄パソコンを頻繁に使って作業する事が多く、私の「肩こりや首のこり」の大きな原因は「目の疲れからくるもので、症状としてはひどかった時で「肩はとても硬く若干重い感じ」と「首の筋がかなり張っていてハリガネのよう」でした。

マッサージの効果は一時的でおすすめしません

実際何度も色々なマッサージを試し、その都度「こりが治まる感じは受けるのですが、一時的なものにしかならず、一日もすればまた元通り」の繰り返しでした。

また、何度もマッサージを行う事で、体に慣れを植え付けてしまいさらに強いマッサージをしなければ効果を感じなくなるなど、却って逆効果であった印象が強く、「マッサージによるこりの解消」はおすすめしません

なぜ「水泳」なのか?

そもそも「こりの原因」は、こっている部分の血流が悪い事にあるため、その箇所の血流をよくする事が、こりを解消するのに一番早くて簡単な解決策となります。

そこで最も効果的と考えたのが、「全身を動かして運動」する「水泳」でした。

おすすめの泳ぎ方は「クロールと平泳ぎの併用」

とは言え、少し泳いだからといっても、すぐにこりを解消する事には繋がらず、それなりに時間を掛けて定期的に行う必要はあります

そこで、まず一番おすすめする泳ぎ方は「クロール」です。

スポンサーリンク

理由は、「バタ足」・「水をかく」・「首を動かし息継ぎ」といった動作が必要であるため、特に「肩こりや首のこり」を一度に解消させる事に繋がります。

ただ、実は50m(25m × 2)をクロールは、なかなか大変であるため、経験上おすすめする泳ぎ方は「クロール(25m)と平泳ぎ(25m)の併用」です。

平泳ぎ」は息継ぎのための首の動作はほとんど無いのですが、水をかく際外へ大きく腕を広げ肩への刺激を意識したかき方をするだけで、かなり肩の部分を動かす動作に変わるため、「肩こり解消」には効果があります

私が水泳に使う時間と距離について
25分~30分掛けて、450mを泳きます。

クロールの水かきも大きく、そして息継ぎは首を左右に動かす

クロールの泳ぎ方」についても、平泳ぎと同じく、大きく腕を回し肩への刺激を意識した水のかき方に加え、「首のこりの解消」のために、息継ぎは首を左右交互に動かしながら行います。
(例えば右腕で水かきをする時だけ息継ぎをするのではなく、右腕の時の息継ぎの次は、左腕で水かきをする時に息継ぎをします)

これにより、クロールの最中は、首は左右に動く事になり、首全体の血流改善に繋がり、結果「首のこりの解消」に繋がります。

泳ぐ頻度を増やせば数ヵ月で効果も

私の場合、水泳については週に一度だけであったため、こりの解消を大きく感じる事が出来るまで1年弱は掛かったと思いますが、週に数回と、泳ぐ頻度を増やせば数ヵ月でこり解消の効果も期待出来ると思います!


[PR | おすすめサイト]